夏冷えによるむくみ対策
2021.07.20
aroma540
東京もうっとうしい梅雨が明け、本格的な夏がやってまいりました。
夏と言えば、外気と室温の格差で体温調節がうまくできなくて……とお悩みの方も多いこ
とと思います。
暑さに耐えかねて、つい、冷たい物を食べたり飲んだりしがちですが、そんなとき、身体の中はいったいどんな状態になっているのでしょうか。

身体の深部温度はだいたい37度前後と言われています。そこへ冷蔵庫でキンキンに冷え
た飲み物を入れてしまうと、知らず知らずのうちに内蔵を冷やしてしまうことになります。
また、夏バテで食欲が落ちているときは、どうしても味の濃い物や辛い物を食べたくなっ
てしまうもの。実は、これらのことが知らず知らずのうちに身体の冷えやむくみの原因に
なっているのです。

そんな時に、アロマセラピーならではの、とても簡単で体を温めながらむくみがとれる方
法をご紹介します。

まず、上半身よりも下半身のほうが体温が低く(マイナス1度くらい)、かつ重力の関係
でどうしても足元に水分が溜まりやすくなります。そこで、膝から下のスクラブをバスタ
イムで試してみてはいかがでしょうか。
やり方は簡単。お砂糖と植物油を混ぜたもので軽く脚をスクラブするだけで、全身がポカ
ポカしてむくみがとれ脚がスッキリします。
もうひと工夫するなら、エッセンシャルオイルのジュニパーべリーやサイプレスなどをブ
レンドすれば水分代謝が促されますし、温めたいならばジンジャーやオレンジをプラスす
れば効果抜群です。日焼け後のメインテナンスならばラベンダーやティートリーがおすす
めです。
暑い一日の終わりに、エアコンで冷えた体をスクラブで温めて、むくみを一掃してみませ
んか。

タアコバ銀座店では、通常のトリートメント前のフットバスにオプションメニューとして
シュガースクラブを体感していただくことができます。ご予約の際にぜひお申し付けくだ
さい。
シュガースクラブ 2,200円(税込)


アロマセラピスト
アロマ空間デザイナー
番田由美子


<銀座店>
〒104-0061
東京都中央区銀座2-3-6
銀座並木通りビル4階
03-5159-1626


コピーライト