足のトラブルに
2018.07.02

550.ginza

タコやウオノメは靴による圧迫や摩擦による、皮膚の角質化が原因で起こります。
タコは皮膚の外側に向かって角質が厚くなっていき、ウオノメは内側に向かって
くさび型に角質化が進んでいくというのが両者の違い。
タコはそれほど痛みがないのに対し、ウオノメは進行すると激しい痛みを伴う場合も
あります。
この痛みをかばうようになると、姿勢が悪くなる、不自然な歩き方になるなど、
その影響が全身に及んできます。
最終的には腰痛や肩こりを引き起こすなど、大きなトラブルに発展する可能性もある
ので、早いうちの対処が必要です。

夏の暑い時期は素足にサンダルを履くことも多く、皮膚に負担がかかりやすい時期で
もあります。
そんな時こそ、タアコバでお爪だけでなく足全体を綺麗に保てるようにケアして
みてはいかがでしょうか。
ひざ下からのスクラブパックなども取り揃えておりますので、
ぜひこの機会にご来店くださいませ。


<銀座店>
〒104-0061
東京都中央区銀座2-3-6
銀座並木通りビル4階
03-5159-1626



コピーライト